背中ニキビの原因は?

ニキビと言えば、顔にできるものと思われがちですが、顔以外にもニキビができやすい場所があります。そのうちのひとつが背中です。背中は自分では確認しにくい場所であるため、ニキビができると悪化しやすいという特徴もあります。

ニキビは皮脂腺の多い場所にできがちですが、これは過剰にでる皮脂によって、毛穴が詰まってしまうことが関係しています。顔にできる場合にも、Tゾーンやあごなど皮脂腺の多い場所にできやすいという傾向があります。背中も皮脂腺が多い場所なので、ニキビができやすい環境にあります。

皮脂が過剰に出ると言えば、常にべったりしているイメージを持つ人もいるかもしれませんが、皮脂が過剰に出る原因のひとつには、肌の乾燥があげられます。過剰な皮脂と乾燥とでは、真逆の状態にように感じられますが、2つには深い関わりがあります。肌が乾燥すると肌にうるおいを与えようと皮脂が分泌され、ニキビにつながるというわけです。

皮脂が過剰に出て肌がベタつくときは、体を洗うときでもゴシゴシと洗ってしまいがちです。あるいはすでにニキビができてしまっている場合には、清潔に保たないといけないと何度もシャワーを浴びる人もいるかもしれません。ニキビを治そうと思って行うそれらの行為は、実はかえってニキビを悪化させたり、ニキビができやすかったりする状態へと導いてしまっているのです。

それでは、背中ニキビはどのように予防すれば良いのでしょうか。より詳しく背中ニキビができる仕組みを知って、予防する方法を探っていきましょう。

Pocket