背中は乾燥している?

背中に過剰な皮脂を分泌させてしまう肌の乾燥ですが、そもそもなぜそのように背中が乾燥してしまうのでしょうか。それは、背中の肌のバリア機能が破壊されているか、もしくは低下していることが原因です。

バリア機能が失われると、背中は必要な水分を保つことができなくなります。潤いがなくなった肌はカサカサと乾燥してしまいます。乾燥した肌にうるおいを与えようと、水分の代わりに皮脂が過剰に分泌され、毛穴の詰まりにつながりニキビができやすくなってしまいます。

ニキビは過剰な皮脂が原因だと思われがちですが、その前の段階、すなわち肌のバリア機能が失われ乾燥していることが根本の原因なのです。こういった理由で、自分がオイリー肌だと思っている人が、本当は乾燥肌であるケースは多いものです。自分の肌質を間違えて認識すると、そのあとのケアも間違えてしまいます。本当は潤いを保つ化粧水をパッティングしなければいけないのに、オイリー肌だと思い込んでサッパリ仕上げの化粧水をパッティングしてしまっていたなどはよくある話です。

背中の肌のバリア機能を破壊してしまう原因としては、体を洗うボディタオルが原因であることもあります。質感の堅いボディタオルでゴシゴシこすると、肌の表面は傷がついてしまい、バリア機能が失われます。背中も顔同様優しく泡で包むように洗いましょう。

Pocket