背中ニキビの予防法

正しいお風呂の入り方は背中ニキビの予防に非常に大切です。お風呂に入り、シャンプーやトリートメントで髪を洗ったあとやボディソープで体を洗ったあと、しっかりとお湯で洗い流していますか?洗浄成分に含まれる界面活性剤が肌に残っていると、刺激物をずっと肌に付けているのと同じ状態になります。界面活性剤の刺激は、肌のバリア機能を損なう原因になります。髪を洗ったり、体を洗ったりしたあとは、ぬるま湯でしっかりと流しておきましょう。洗う順番にも気を付けましょう。洗い残しが少なくなるように、髪→顔→体の順がおすすめです。

お風呂の温度も背中ニキビケアには大切なポイントです。肌の表面は非常に薄く、外からの刺激を受けやすいものです。お風呂の温度が高いとそれだけダメージも大きく、またお風呂上りに必要な水分も一緒に蒸発させてしまいます。お風呂のお湯は熱くしすぎないように、少しぬるめに設定してください。

お風呂上りには必ずすぐに保湿することを心がけてください。化粧水をつける前に、肌への浸透力を高めるスキンケア化粧品などを使用する尚更良いでしょう。もちろんそうしたスキンケア用品は無添加であったり、植物性成分で作られた化粧品を使うようにしましょう。ニキビ予防化粧品の「肌潤糖」は材料の8割が北海道のてん菜糖で出来ていて、残りの2割も植物性のオイルです。砂糖を植物性のオイルでコーティングすることで肌に優しいつくりになっているのです。

『みんなの肌潤糖~クリアタイプ~』は、原料の80%が北海道のビート糖(てん菜糖)で、
残り20%は、肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイル。
たったこれだけでできています。

しかし、シンプル故、その原料や加工にはこだわりがあります。

通常の砂糖は角がとがっていますが、特殊技術を開発し、砂糖の角を丸く加工。
その砂糖を更に植物性のオイルでコーティングし、
赤ちゃんの肌にも優しくなじむよう、徹底して作られています。

そうした肌に優しいスキンケアをお風呂上りには必ずおこなうことが大事です。背中にも保湿するのを忘れずに。セラミドなど保湿成分が入った化粧水や、ビタミンC誘導体入りのものもおすすめです。もちろん、薬用のニキビ肌用のものでも良いでしょう。皮膚科を受診すれば症状にあった、医薬品の化粧水を処方してもらえることもあります。正しいケアで、水着の似合うキレイな背中を目指しましょう。

Pocket